家を購入するためのローン

マネー

ローンの仕組みとして

家族の大切なマイホームを購入するときは、一括支払い以外の場合だと、住宅ローンを組んで購入するのが一般的です。また、無理のない返済をするためには長期にわたるローンの利用が望ましいことから、様々な住宅ローンの検討をすることでしょう。その中で利用しやすいのがフラット35という住宅ローンで、現在ではマイナス金利の理由もあることから評価の高い住宅ローンとなっています。このフラット35の仕組みというのは、銀行が提供する住宅ローンとは違い、銀行を含めた民間の金融機関と住宅金融支援機構が協力、提携することで実現した、住宅を購入するためのローンです。利用者がフラット35を契約すると購入資金として融資を受けられますが、融資を提供した金融機関は住宅支援機構へローン債権を受け渡します。受け取った債権は住宅支援機構から信託銀行に委託し、受益権を受けます。その後、住宅支援機構は希望する投資家へ債権を発行し、投資家が購入した費用がフラット35を利用した方への融資となるわけです。この仕組みによって銀行では保証会社や保証料が必要となりますが、フラット35では一切なく保証人も必要ありません。そして、フラット35は長期固定金利住宅ローンで、最長35年までのローンが組めることから、ゆとりを持って返済できるシステムとなっています。金利については、借入申し込み時ではなく、融資実行時の金利で適用されるのが特徴で、一度決まった金利は、ローン完済までいかなる条件であっても同じ金利条件で返済することが可能です。銀行系の住宅ローンよりも審査基準が緩いのもフラット35で、繰り上げ返済手数料も無料です。しかも、住宅技術基準の検査によって安全も確保されるので、優れた住宅ローンと言えるでしょう。

オススメ記事

ネットからの申込も可能

財布

最近の消費者金融では、即日融資が当たり前になってきました。事情があり、すぐに現金がほしいと言う時はキャッシングを利用する方法もあります。特に問題がなければ、短時間で審査が完了するので手続きも簡単です。

詳しく見る

審査スピードが早い

財布を持つ人

カードローンの即日審査を可能にしているのが、スコアリングと呼ばれる自動与信システムです。申込者の属性をコンピューターで過去の申込者の統計データから最適な限度額を判定してくれるので、最短で30分程度で審査結果が出ます。

詳しく見る

仮審査と本審査と手続き

つみき

不動産担保ローンでは、身分証明書や収入確認書類に加えて、担保不動産の登記簿謄本や測量図なども必要となります。最初に仮審査を受け、通過した場合に、申し込み用紙とこれらの必要書類を提出するのです。すると本審査が行われ、それに通過すれば融資となります。仮審査から融資までの期間は、約1ヶ月となっています。

詳しく見る

家を購入するためのローン

マネー

住宅ローンであるフラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が協力し提携した住宅ローンです。融資を提供した金融機関が住宅支援機構へローン債権が渡ることで受益権が発生し、投資家へ債権発行されて利用した方への融資と戻ります。長期固定金利住宅ローンなので、完済まで金利は同じで最長35年返済です。

詳しく見る

Copyright© 2017 不動産担保ローンの手続きを確認【申し込みの流れをチェック】 All Rights Reserved.