人気のある資金調達方法

女の人

不動産を担保にする

お金を借りる方法はいろいろとありますが、不動産担保ローンは様々なメリットがあることから大変人気があります。もちろん、担保にすべき不動産が必要になりますが、不動産さえ所有していれば、保証人が必要ないなどのメリットがあります。不動産担保ローンの大きなポイントは、金利の低さにあります。カードローンや法人向けのビジネスローンの場合には、金利が15%を超えることもありますが、不動産担保ローンの場合には5%前後の金利になります。これは、不動産という担保を抑えている分だけリスクが小さいことが理由です。また、大きな借入額を設定することができることもメリットの一つです。一般的なカードローンでは100万円程度も借りることができません。それに比べると、不動産の価値によりますが、数千万円のお金を借りることもできます。借入期間が長期間に設定できることもメリットです。カードローンは金利も高いですし、借入期間も短期間となる場合がほとんどです。それに比べると、不動産担保ローンの場合には10年や20年と言った長期間の借り入れが可能です。その他、担保がありますので審査が通りやすい、借りたお金の使途が制限されていないなどのメリットもあります。不動産担保ローンは非常に使い勝手のいい資金調達の方法ですので、複数の借り入れがある場合の借り換えに適しています。とは言え、返済不能になった場合には、担保物件を差し押さえられてしまいますので、無理のない返済計画が大切です。

オススメ記事

ネットからの申込も可能

財布

最近の消費者金融では、即日融資が当たり前になってきました。事情があり、すぐに現金がほしいと言う時はキャッシングを利用する方法もあります。特に問題がなければ、短時間で審査が完了するので手続きも簡単です。

詳しく見る

審査スピードが早い

財布を持つ人

カードローンの即日審査を可能にしているのが、スコアリングと呼ばれる自動与信システムです。申込者の属性をコンピューターで過去の申込者の統計データから最適な限度額を判定してくれるので、最短で30分程度で審査結果が出ます。

詳しく見る

仮審査と本審査と手続き

つみき

不動産担保ローンでは、身分証明書や収入確認書類に加えて、担保不動産の登記簿謄本や測量図なども必要となります。最初に仮審査を受け、通過した場合に、申し込み用紙とこれらの必要書類を提出するのです。すると本審査が行われ、それに通過すれば融資となります。仮審査から融資までの期間は、約1ヶ月となっています。

詳しく見る

家を購入するためのローン

マネー

住宅ローンであるフラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が協力し提携した住宅ローンです。融資を提供した金融機関が住宅支援機構へローン債権が渡ることで受益権が発生し、投資家へ債権発行されて利用した方への融資と戻ります。長期固定金利住宅ローンなので、完済まで金利は同じで最長35年返済です。

詳しく見る

Copyright© 2017 不動産担保ローンの手続きを確認【申し込みの流れをチェック】 All Rights Reserved.